抗生物質は風邪に効果なし?

抗生物質

東洋はり灸整骨院 たまプラーザ院 院長の石丸です。

本日は、「風邪には抗生物質は効かない?」と題してお話をさせていただきます。

ウィルスと細菌について

ウイルス

風邪をひいて病院で受診すると、抗生物質を出されることが多くなります。風邪をひくというのは、ウィルスか細菌のどちらかに感染しているわけですが、このウィルスと細菌は全く別の生きものです。

風邪の原因がウィルスにあるのは、全体の90パーセント。10回風邪をひくと、そのうち9回はウィルスに感染しているということになります。残りの10パーセントが、ばい菌によって引き起こされる風邪です。

病院で処方される抗生物質は、細菌には有効ですが、ウィルスにはまったく無効な薬剤です。10回風邪をひいたとして、10回病院に行くと、そのうちすべてで抗生物質が出されるかと思いますが、そのうち90パーセントはこの抗生物質が効かない症状なのです。ウィルスに感染した身体は、二次感染でばい菌に感染する可能性があるとして、抗生物質が処方されているに過ぎません。

抗生物質について

抗生物質

この抗生物質を飲むと、腸内細菌が殺されます。善玉菌などの、身体の中を守ってくれる菌までをもすべて殺してしまう。ウィルスには全く効かないばかりか、身体の中で警察官や自衛隊といった役割を果す腸内細菌を殺してしまうのが抗生物質です。抗生物質を服用することで、免疫が非常に落ちます。そのため、風邪が長引いている方ほど、抗生物質を飲んでいるといった傾向があるのです。

抗生物質を飲んでもなかなか治らない場合は、100パーセントウィルスに感染していると言っていいでしょう。細菌に感染していた場合は、抗生物質を飲むとすぐに効きます。それほど長引くことは絶対にないのです。

ヨーロッパでは風邪薬を出さない?

ヨーロッパ

少し余談ですが、ヨーロッパでは、風邪をひくと町のお医者さんにかかります。すると、「あなたは風邪ですから、家に帰って寝てなさい」で終わるのです。抗生物質を出さないのは、医師や医療業界が良心的だからです。風邪は寝ていたら治るのです。

去年、社会保障刷新委員会で、社会保障をいかに効率よく使うかについて討論され、風邪の保険適用をやめようという意見が出ました。これは、風邪に効く薬は存在しないからです。

咳と熱について

カウンセリング

抗生物質は、ウィルスに効きません。咳が出るから咳止めというのも、全然駄目です。

咳が出る状態は、ウィルスか細菌に感染しているため、それらを外に出している状態です。その咳を止めてしまえば、長引きます。

熱が上がるのは、ウィルスが熱に弱いためです。人間の身体はそう知っているからこそ、熱を上げ、免疫力を高めてウィルスを殺そうとするのです。そこに解熱剤を飲むことで、熱が下がり、ウィルスが繁殖することになります。

喉が痛い、リンパのところが腫れているといえば、消炎鎮痛剤が出ますが、せっかく喉でウィルスと細菌が体内に入るのを阻止しようとして、一生懸命闘っているのを止めてしまいます。ウィルスと細菌が身体の中に入ってしまうのを許してしまう。

症状は、人間の身体の防衛反応です。しかし、病院は、それを抑える薬しか持っていません。治すことはできないのです。

風邪には東洋医学

東洋医学

では、風邪をひいたらどうしたらいいのでしょうか。これは、漢方薬か鍼灸が有効です。また、外から入ってきた風邪を外に出せば、治ります。葛根湯(かっこんとう)なども、ウィルスや細菌を殺すための漢方薬ではなく、内に入ってきたものを外に追い出す働きがあります。

こうした漢方薬や鍼灸以外では風邪を治すためには、お風呂に入り、汗をしっかりかくことです。汗をかけば、風邪は治ります。

風邪をひいたらお風呂

入浴

「風邪をひいたらお風呂は駄目だ」と思っておられる方が多いようですが、これは昔の家にお風呂がなく、銭湯に行ったり離れのお風呂を使っていたため、湯冷めを避けるためにもお風呂を控えていたのです。

しかし現在では、自宅にお風呂があり、銭湯を使ったり離れのお風呂に入る方はなかなかおられません。ですから、風邪をひいたときにはゆっくりお風呂に入り、汗をしっかりかいていただきたいと思います。

私も、少し風邪気味だと感じたら、半身浴などをして治します。抗生物質を飲んだりすると、余計に治りません。

これらの話をしっかりと踏まえたうえで、実際に体験をしてみてください。