頚椎症でお困りの方へ

頚椎症
  • 首の痛みが強い
  • 肩こりや頭痛がする
  • 両手足に痺れがある

このような症状で病院を受診すると「頚椎症」と診断されることがあります。

首の痛みの原因となる病気としてもっとも多いとされる頚椎症ですが、実は8割近くの人が病院の治療で症状が改善されていないことをご存知ですか?

病院に通っても治らない頚椎症の症状でお悩みの方は、ぜひ本記事をご一読ください。ここでは頚椎症と東洋医学の関係から、効果的な施術法までまとめてわかりやすく解説いたします。

頚椎症はなぜ起こる?

頚椎症

加齢などにより、首のクッションの役割を果たす椎間板がつぶれたり、亀裂が入ったりすると頚椎が不安定になります。この状態を安定させようと椎骨のあいだにトゲ(骨棘)のようなものができると、骨棘は頚椎の中を通る神経を圧迫するようになります。

この神経の圧迫により、首に不快な症状が出るのが頚椎症です。頚椎症は50代以降に起こりやすいといわれています。

頚椎症のタイプと症状

頭蓋骨

頚椎を含めた背骨の中には、脳からの指令を伝える神経の束である脊髄が通っています。さらに脊髄から枝分かれした末梢神経は骨と骨のすき間から全身へ伸びていて、その根元のことを神経根と呼びます。

頚椎症はこの脊髄か神経根のどちらが圧迫されるかによって、現れる症状が異なるのです。

【ケース1】脊髄が圧迫される頚椎症

頚椎症に多いのはこちらのケースです。

中枢神経である脊髄が圧迫されると、初期段階で両手足の痺れや感覚の鈍さが現れ始めます。次第に「箸が持ちにくい」「ボタンがかけづらい」など手先の細かい作業が困難になり、さらに進行すると足に力が入らなくなって「歩きにくい」「つまずきやすい」といった歩行障害が加わります。

脊髄は排泄をコントロールする信号も送っているため、重症化すると頻尿や尿漏れなどの排泄障害を起こす可能性もあります

【ケース2】神経根が圧迫される脊椎症

神経根は脊髄から左右に伸びているため、圧迫された側の肩や腕、指に症状が現れます。始めは電撃痛と呼ばれる強い痛みや痺れが起こり、進行すると「腕や指に力が入りづらい」といった筋力低下が起こります。

比較的多いとされるのは、肘を伸ばす筋肉を支配する7番目の神経根が圧迫されるケースです。

西洋医学で頚椎症を治療すると

レントゲン

整形外科などの病院を受診すると、レントゲンやMRIなどの画像検査で頚椎症が診断されます。

病院で頚椎症を治療するとなると、以下の4つの保存療法が中心です。

①薬物療法

症状の程度に合わせて、消炎鎮痛薬や神経に作用する鎮痛剤、筋肉を緩める弛緩剤などが処方されます。

しかし薬は飲めば飲むほど効きづらくなり、副作用のリスクもあるため継続した内服には注意が必要です。

②装具

首を安静に保つため、頸椎カラーなどの装具を着用します。

これはあくまで痛みを緩和させるだけの対処法で、長く装着すると逆に痛みを悪化させる場合もあることを覚えておきましょう。

③理学・物理療法

ストレッチなどを用いて筋肉をリラックスさせて症状を改善させていきます。

ほかにも専用の器具で首を引っ張る牽引療法や、赤外線などで首を温めて血行を促す温熱療法などもあります。

④神経ブロック

痛みが強い場合は、局所麻酔やステロイド剤を注射する神経ブロックを行います。

これは一時的に痛みを取り除くだけで、時間が経つとまた痛みは再発します。


これらを見てもわかる通り、病院での治療は頚椎症を治すものではなく、痛みを一時的に緩和させているだけにすぎません。それでも痛みがとれない場合は手術を勧められることもあるでしょう。

しかしリスクの高い手術をしなくても、東洋医学なら頚椎症を根本から改善させることができます。なぜなら、東洋医学は頚椎症に隠された根本的な原因にアプローチをかける施術を行うからです。

東洋医学からみる頚椎症の原因

東洋医学

頚椎症と診断されると、病院では首周りの異常ばかりに注目して骨を治療しようとします。しかし頚椎症の約8割は骨以外にも原因があるのです。

東洋医学では頚椎症の痛みの原因は「不通即痛」にあると考えています。

聞きなれない言葉ですが、不通即痛(ふつうそくつう)とは簡単にいうと「身体を巡るエネルギーや血液の循環が悪くなると痛みが出る」という東洋医学独自の考え方です。そのため頚椎症は、常に体内できれいな水や血液を作り、それをくまなく全身に巡らせることで改善へとつながります。

身体の巡りをよくするには、臓器の機能を高めて自然治癒力をアップさせる「ツボ(経穴)」にアプローチをかける経絡治療(けいらくちりょう)が効果的です。

改善率80%以上の東洋はり灸整骨院の鍼灸施術

お灸施術

当店の鍼灸施術は、頚椎症に効果があるとされるツボに鍼とお灸で刺激を与える経絡治療を行います。

例えば、多くの症状に効果の高い万能のツボと呼ばれる合谷(ごうこく)というツボや、大椎(だいつい)と呼ばれる巡りを改善させるツボなどに鍼灸でアプローチをかけます。

当店の鍼灸は誰でも安心して施術を受けられるよう、痛みや熱さの少ない鍼とお灸を使っているため、施術中にストレスを感じることはありません。鍼灸を用いた経絡治療により不通即痛を改善させ、頚椎症の根本原因を解消していきます。

東洋はり灸整骨院の改善率

当店の施術を受けた頚椎症の症状を訴えるお客様の80%以上が、症状の改善を実感していらっしゃいます。

頚椎症を根本から改善させるためには体質改善も必要なため、12~16回程度、期間にして3~4ヶ月ほどの継続的な施術が必要です。回数が多いと感じる方もいるかもしれませんが、体質改善こそ頚椎症の再発を防止し、首の痛みに悩む日々から解放されるベストな解決法なのです。

もちろんこれは一例であり、改善にかかる時間や症状には個人差があることをご了承ください。頚椎症を改善するひとつの目安として考えていただけると幸いです。

頚椎症について【動画解説】

統括院長 石丸昌志の解説

病院でも治らない頚椎症には鍼灸施術を!

背伸び

頚椎症は放っておいて自然に治るということはありません。早めに対処しないと重症化して、身体のあちこちに不調が出る恐れもあるため、そうなる前に鍼灸施術を受けることをおすすめします。

首の痛みや痺れがなくなると生活の質が上がり、快適な毎日を送ることができます。

病院に通ってもなかなか改善されない頚椎症にお悩みの方は、ぜひ当店へお越しください。根本原因にダイレクトに作用する鍼灸施術で、頚椎症を改善へと導きます!

 

当院の技術は多くのメディアで紹介されています!!

大手クチコミサイトでNo.1に選ばれました

全員が国家資格を保有しています

店舗情報