習慣性流産でお悩みの方へ

習慣性流産

妊娠が途中で止まり、赤ちゃんの命が失われる流産。特に習慣性流産の方は、精神的な苦痛にも悩まされます。

そんな習慣性流産で悩まれている方にこそ、体験してほしいのが東洋医学による鍼灸です。そこで当記事では、何度も流産を繰り返したくない方へ向けて、習慣性流産と鍼灸について解説します。

習慣性流産とは

妊娠

習慣性流産とは、妊娠しても連続して流産してしまう症状のことを言います。初めての妊娠で流産する可能性は10~15%程度とされています。そのため、妊娠する度に何度も流産するということは可能性的にかなり低いです。

しかし、夫婦のどちらかに問題がある場合、妊娠しても流産を繰り返してしまうことがございます。

西洋医学の施術方法

西洋医学においては、習慣性流産の原因を子宮の問題黄体ホルモンの分泌量不足などとしています。流産が複数回行われる際は、原因を特定するための検査を行いますが、確実にこれだという原因が見つかることはあまりございません。

というのも、西洋医学では症状だけを良くしようとする対症療法がメインのため、根本的な原因を探って施術するという施術方法が進んでいないからです。

東洋医学の考え方

東洋医学

数千年にもおよぶ長い歴史を持つ東洋医学においては、既に流産に対する対処法が確立しています。東洋医学では、流産の原因の多くを腎虚ではないかと捉えています。

腎虚とは

腎虚とは、五臓六腑の一つである腎(腎臓系)の機能が弱くなっている状態のことを言います。腎は生命の根本としての役割があり、非常に重要な器官です。そんな腎が弱まってしまうことで、新たな命を維持できずに、受精卵が流れるのではないかと考えられています。

また、腎虚だけではなく、気が少なくなる気虚や栄養が少なくなる血虚も流産の原因として考えられます。

鍼灸施術について

鍼灸施術

習慣性流産の方が検査を行っても、何も異常がないと診断されることもございます。そのような場合に効果的なのが東洋医学の鍼灸です。東洋医学は数千年もの歴史があり、日本では1400年も前から東洋医学を用いた施術が行われてきました。

長い歴史の中で鍼灸は多くの症状に効果を発揮してきて、習慣性流産にも有効な施術方法です。

また、習慣性流産の方の多くに、腰痛や慢性疲労、肌荒れなどの症状を持っていることが分かっています。一見、関連性がなさそうに見えますが、どれも腎の機能低下に関係がございます

そのため、鍼灸で腎を良くすることで、腰痛や慢性疲労などの症状が改善され、習慣性流産の体質から脱却していきます。

西洋医学では薬や手術で、体外から身体を良くしていこうとしますが、東洋医学では体内から症状の改善を行います。また、鍼灸は薬を用いることで起こる副作用などもないため安心です。

当店について

鍼灸院

それでは、次からは当店について説明します。

身体全体の改善

東洋医学は身体の一部だけではなく、全体的に良くすることを大事にしています。もちろん、東洋医学専門の当店でも、身体を全体的に良くできるように鍼灸の施術を行います。

食生活の見直しをサポート

食生活が乱れている方は、体質を改善するために、まずは食生活を見直すようにしましょう。腎の機能改善のためには、黒米黒豆オクラなど、黒系の食べ物や粘ついた食べ物がおすすめです。

他にも、当店ではお客様の身体の状態に応じて、食生活の見直しのために必要なサポートをします。

整った環境

流産せずに妊娠するためには、食生活の見直しや、体調・精神状態を安定させることが大切です。当店はお客様の身体の状態を確認するため、しっかりとカウンセリングを行い、お客様を全面サポートするための環境が整っています。また、心配なことなども気軽に相談しやすい雰囲気です。

鍼灸の経験が豊富で国家資格を持つ鍼灸師が施術を行いますのでご安心ください。

東洋医学で習慣性流産を改善

赤ちゃん

病院で行われる習慣性流産に関する施術は、出産することを目標に行っていることが多いです。しかし、東洋医学では出産はもちろん、出産後の体力も考慮した上で鍼灸の施術を行っています。

習慣性流産を改善して、出産を望まれる方は、是非とも東洋医学専門の鍼灸を受けられることをおすすめします。

流産についての解説動画

統括院長 石丸の解説

 

当院の技術は多くのメディアで紹介されています!!
全員が国家資格を保有しています

店舗情報