分離症の改善について

分離症
  • 立ちっぱなしでいると腰が痛くなる
  • 腰を反らすと痛みが強くなる
  • 若い頃に腰を反らすスポーツをしていた

わたしたちが日常生活を送るうえで、負担がかかりやすい部位は腰だといわれています。多くの人がいちどは経験する腰の痛みですが、タイプによって痛みの強さや症状はさまざまです。

もし、上記の症状に当てはまる人は「腰椎分離症」を起こしている可能性があります。今回は腰椎分離症についての痛みのメカニズムと、その改善法について東洋医学に基づく見解をおはなししていきます。

分離症の骨の状態

骨

分離症は、腰椎の背中側の突起部分が疲労骨折を起こして分離している状態のことです。分離は主に第5腰椎で発生することが多いことがわかっています。腰を反らしたときに痛みを感じることがありますが、日常生活への支障が少ないため痛みを感じない人も少なくありません。

整形外科などでレントゲンを撮ると、椎骨の後ろ側にある上関節突起と下関節突起のあいだが切れているように見えるのが特徴です。以前はこの切れ目は先天性の異常と考えられていましたが、現在ではストレスが重なって疲労骨折を起こしたという説が有力になっています。

分離症の原因

腰痛

分離症は腰椎の並びが悪くなり、神経が圧迫されることで発症されます。

これはバレーボールやバドミントンなど、腰を反らすスポーツが原因のひとつです。そのため分離症は、成長期に激しいスポーツをやっていた人に多く、10代に特に多く見られる傾向にあります。

そのとき痛みを感じていなくても、若い頃にこのようなスポーツ経験がある人は分離症を発症している恐れがあることを覚えておきましょう。

分離症は放っておくと危険!

歩行困難

分離症があっても必ずしも痛みを起こすとは限らないことは、先にもお話ししました。しかし分離症は、適切な処置が遅れるとより症状の重い腰の病気に進行する恐れがあるのです。

なかでも気をつけたいのが「腰椎すべり症」。分離症は放置しておくと約2割の人がすべり症に移行するという報告が出ています。すべり症になると長時間立ちっぱなしでいるのが困難になったり、腰の痛みと合わせて足にしびれが出たりと、日常生活に影響が出てくるでしょう。

また、分離症をそのままにしていると、腰椎の状態が悪化します。そうなると次第に脊柱管が狭まっていき、神経を圧迫する「脊柱管狭窄症」になるリスクも高まるのです。

将来的なことを考えても、分離症は早めの対処が必須だということがおわかりいただけたと思います。

東洋医学からみる痛みの原因は?

鍼灸と東洋医学

西洋医学で分離症の痛みの原因を尋ねれば、おそらく骨の異常や炎症を挙げてくるでしょう。しかし実際に分離症の症状を訴える人の約80%は骨以外にも原因があるのです。そのため、レントゲンやCTだけ見て骨にしかアプローチをかけない治療法では、なかなか改善が難しくなります。

東洋医学は西洋医学とは痛みに対する考え方がまったく逆で、痛みの原因を「不通即痛(ふつうそくつう)」と考えています。これはエネルギーや血液循環が悪くなっている状態を指し、この状態こそが痛みを引き起こす根本的な原因となっているのです。

血液は全身の組織に必要な酸素や栄養を与える働きと、各器官に潤いを与える作用を持っています。血の巡りが悪くなると、これらの機能がすべて低下してしまうため身体にさまざまな不調を招くのです。

さらに血の生成には気(エネルギー)が必要となります。血と気の働きは相互に密接に関連しているため、血の異常は気の異常も伴う場合が多いのです。

東洋医学で不通即痛を改善

陰陽五行

東洋医学では、五臓六腑にアプローチをかけて不通即痛を改善させる施術法があります。

気血の循環は、脾臓で生成されて肝臓によって取り出され、肺へと送られるというメカニズムをたどります。そのため、これらの機能を改善させることで相対的に不調を改善へと導くのです。

東洋はり灸整骨院 たまプラーザ院の施術の特徴

当店ではエネルギーを高める「本治法」と痛みや痺れなどの表面的な症状に直に働きかける「標治法」の2つを用いて、お客様の自然治癒力を引き出すことで身体を正常な状態にしていきます。

具体的な方法は、鍼とお灸を使用した経絡治療です。人体にはたくさんの経穴(ツボ)があり、不通即痛を改善させるツボに刺激を与えて分離症の症状を改善させていきます。

当店の鍼灸は2つの特徴があります。

その1 東洋医学に特化した鍼灸

鍼灸施術

当店は全国でもわずか2%しかない、鍼灸を専門とした鍼灸院です。鍼灸を扱う鍼灸院は年々増え続けていますが、店によって技術に雲泥の差があるといっていいでしょう。

当店は他店とは違い、マッサージや整体などの慰安行為は一切行わず鍼灸一筋で施術を行っています。もちろんスタッフはみな国家資格を有し、確かな技術と多くの経験や実績のある鍼灸師しかいないため、安心して施術を受けることができます。

その2 最高級の道具を使用する鍼灸

施術道具

当店の鍼は通常の鍼灸の鍼と比べて「細くて短い」のが特徴です。

素材はステンレス製で、使い捨ての鍼を使用しています。そのため痛みが極めて少ないというメリットがあり、初めての人や痛みに弱い人でも施術の心配がありません。

また、お灸は国産のもぐさを使用していて、不純物は一切混じっていません。身体に置いてもほんのりとした温かさを感じるだけなので、熱くて火傷してしまうということもありませんのでご安心ください。

分離症について【解説動画】

統括院長 石丸昌志の解説

分離症は早めの対処で腰痛対策を!

ジョギング

分離症は鍼灸施術でかなりの方が症状を改善させることができます。

コルセットや薬などで痛みをごまかしたり、我慢したりしていると腰痛はどんどん悪化してしまいます。悪化すればするほど改善は難しく、時間を有してしまうため早めの対応が必要です。

当店は分離症の症状でお悩みのお客様それぞれに合った、オーダーメイドの施術を行います。ぜひ一日でも早く当店の鍼灸施術をお試しください!

 

当院の技術は多くのメディアで紹介されています!!
全員が国家資格を保有しています

店舗情報