降圧剤はメリットよりデメリットが多い?

降圧剤

統括院長の石丸です。

本日は高血圧の方へ、降圧剤のデメリットについてお話します。

高血圧とは

高血圧

病院(西洋医学)では原因不明の高血圧のことを本態性高血圧といい95%の人はこれにあたります。あるお医者さんの本で、この本態性高血圧のことを「原因不明と言いたくないだけの苦し紛れのネーミング」と書いていました。今、日本では3000万人が高血圧の薬を毎日飲んでいるそうです。

実は高血圧は西洋医学では原因不明です。しかし、東洋医学なら原因が分かっています。脳動脈硬化が原因の脳の血液循環障害により、血液を送ろうとして起こる現象と考えています。

脳で動脈硬化が起きると脳に血液が届きにくくなります。そのため一生懸命血圧を上げ、脳まで血液を行き渡らそうとして高血圧が起こるのです。

降圧剤はメリットよりデメリットが多い

降圧剤

降圧剤を飲むと確かに脳出血は防ぐことができます。しかし、血圧が上がっているのは体に血液が行き渡っていない証拠です。それなのに降圧剤で無理に血圧を下げると心臓はさらに頑張ろうとします。そのため負担がかかり、心肥大のリスクが上がるのです。

また、脳の血液循環が悪くなっています。降圧剤でより血が届かなくなり、血管は詰まりやすくなり、脳梗塞のリスクも上がります。そして、血液は栄養も運ぶため、血液循環が滞ると認知症のリスクも上がるのです。

つまり、降圧剤を飲むことで安心できるのは脳出血に関してだけです。

  • 心肥大
  • 脳梗塞
  • 認知症
  • アルツハイマー

などの他のリスクは上がってしまうのです。

東洋医学で血圧が下がる体作りを!

指圧

病院で原因不明のまま降圧剤を飲むよう言われても、薬のせいで他の不安が生じるなら服用をためらいますよね。そんな時こそ東洋医学の門を開いてください。

では、東洋医学ではどんな改善を行っていくのでしょうか。

やはり、まずは食事の改善です。そして、交感神経は高血圧を引き起こす原因となりますので、ストレスを取り除いたり、発散をして働きかけます。さらに、

  • 運動
  • 漢方
  • 鍼灸

などで体の機能を高めていきます。

高校生や大学生など若い方で高血圧は少ないですよね。加齢とともに体の機能が落ちると脳の動脈硬化が起き、そして血圧が上がってしまうのです。そこで、東洋医学の鍼灸施術で体の機能を高めると血圧は自然と下がります。

当店で改善された方のケース

女性

実際に当店のお客様で、ご両親が降圧剤を飲んでいて認知症と脳梗塞になり、私の動画を見て来店された方がいます。その方は鍼灸施術と生活習慣の改善を行い、薬なしで血圧は改善され今も安定しています。

もちろん施術効果に個人差はございますが、副作用のない鍼灸で良くなるのなら試してみる価値は十分にあると思います。一生薬を飲み続けるよりははるかにいいですよね。

降圧剤について 解説動画

統括院長 石丸昌志の解説

高血圧を改善された方との対談

※施術効果には個人差があります

おわりに

今回は、降圧剤についてお話させていただきました。

論より証拠です。東洋医学で降圧剤に頼らずに済む体を目指しましょう。

 

当院の技術は多くのメディアで紹介されています!!
全員が国家資格を保有しています

店舗情報