肘部管症候群は鍼灸で改善!

肘部管症候群
  • 突然小指や薬指が痺れてきた
  • 手の筋肉が痩せたように感じる
  • 小指と薬指が変形している気がする
  • 指を開いたり閉じたりするのが困難だ

このような症状で病院に行くと、「肘部管症候群」と診断されることがあります。

肘部管症候群は以前までは大工さんに多い病気とされていましたが、最近ではスポーツや家事の影響を受けてか、20~50代と幅広い年代に見られるようになりました。

肘部管症候群を整形外科などの病院で治療しようとすると、湿布や内服薬が中心となります。しかし残念ながら病院に通っても、症状が改善されたという人はそう多くありません。

いったいなぜ、病院の治療だと肘部管症候群が改善しづらいのか、今回は東洋医学の視点から詳しく解説します。東洋医学に特化した当店の施術法も併せてご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

肘部管症候群になってしまったら

肘部管症候群

肘部管症候群は、薬指と小指に痛みや痺れが出るのが特徴です。痺れにより感覚が鈍るため、指の開閉動作も困難になります。

このような症状が現れると、顔を洗うためにすくった水がこぼれてしまったり、ボタン掛けなどの細かい動作ができなくなったりと日常生活に支障が出始めます。症状が進むと手の筋肉が衰えて痩せてくるため、指が変形してしまう恐れも。

こうなる前に、肘部管症候群は早めのケアが必要なのです。

なぜ肘部管症候群になってしまうのか

腕

指に痛みやしびれが出ると、どうしても筋肉や骨に原因があると思われがちです。しかし肘部管症候群の場合は、神経の障害によって引き起こされます。

ひじの内側には肘部管と呼ばれるパイプ状の器官があり、上腕から指先にかけて尺骨神経という神経が通っています。この神経に何らかの影響を受けて圧迫や牽引が加わることで、症状が現れます。

尺骨神経は主に薬指と小指側の神経をつかさどっていて、この2本の指に痛みや痺れが起きやすいのはこのためです。

肘部管症候群はどんな人がなりやすい?

テニス

肘部管症候群は日ごろから手を酷使する人に多く見られます。

例えば、以下に当てはまる人は要注意です。

  • ラケットやクラブなど、道具を振り回すスポーツをしている
  • 長時間、包丁を握り続けている
  • デスクワーク中心でパソコン作業が多い
  • 大工や現場作業員など、肘を曲げて重いものを持つ仕事をしている

これらは症状が起こりやすい、またはすでに発症している可能性があるため気をつけましょう。ほかにも過去の骨折などによるケガ、加齢による骨の変形、ガングリオン(ゼリー状の腫瘤)がある場合も、肘部管症候群になるリスクが高まります。

しかし具体的な要因がわからないことも、肘部管症候群の場合は多いのです。

病院に通っても肘部管症候群は治らない?

整形外科

整形外科では、レントゲンやMRI、エコー検査などによる画像診断が主流です。そのため、止まっている状態しかチェックすることができないので、根本の原因が探りにくくなります。

肘部管症候群と診断されても主な原因が特定できないため、治療の効果を得られない人が多いのが現状です。

一般的な治療

治療は軽症の場合、痛み止めやビタミン剤、消炎鎮痛作用のある湿布が主に使われます。症状が進むとステロイド注射や装具を使った保存療法、さらに手術を勧められる場合も。しかし手術はリスクが高く、ほかの治療法も対処療法にすぎず副作用も心配されます。

このことからわかるように、現代医学では肘部管症候群を確実に改善へ導くのは難しいといえるでしょう。

東洋医学は肘部管症候群の救世主

石丸智之

肘部管症候群が病院に行っても改善されないからといって、諦めるのはまだ早いです。

東洋医学は原因不明の症状や慢性的な症状にとても有効とされています。その理由は「森を見て木を治す」という東洋医学の考え方にありました。

西洋医学のように指が痛いなら手、肘が痛いなら腕といったように身体をパーツでぶつ切りせずに、身体は全身つながっているものと捉え、全身を診て施術を行うのが東洋医学の基本です。

そのため痛みや痺れの根本的な原因を見つけ、適切なアプローチがかけられるため症状の緩和へとつながります。

不通即痛(ふつうそくつう)

また、西洋医学は痛みを炎症だと捉えがちですが、東洋医学では痛みの原因は「不通即痛」と考えます。

つまり症状を改善するには体内できれいな水や血液を作り出し、それを身体のすみずみまで循環させることで、あらゆる不調を改善へと導くのです。

東洋はり灸整骨院 たまプラーザ院の施術

鍼灸施術

当店は日本でも1400年以上もの歴史を誇る伝統医療である、東洋医学に特化した施術院です。

施術は経穴(ツボ)を鍼やお灸で刺激する経絡治療で、肘部管症候群の根本的な原因にアプローチをすることで、症状の改善を目指します。

一般的なイメージとして、

  • 「鍼は刺すものだから痛い」
  • 「お灸は熱くて火傷する」

と誤解されやすいですが、当店は痛みや熱さをほとんど感じない鍼灸施術が特徴です。

当店は全国で2%しかない鍼灸専門の施術院のため、整体やマッサージなどでごまかすことなく鍼灸一筋の施術を行います。スタッフは全員、国家資格を持つプロなので、もちろん確かな技術もお約束できます。

また、当店では薬を一切使用しないため副作用の心配がほとんどありません。投薬のような即効性はありませんが、身体への負担は少なく、症状を着実安全に改善へと導いていきます。

【動画解説】肘部管症候群について

身体を総合的にみる東洋医学の施術で症状改善へ!

東洋はり灸整骨院スタッフ

肘部管症候群の痛みや痺れに悩むお客様の多くが、肘以外に原因があることがわかっています。

当店では全身をみて、お客様の不調の根本的な原因を探るところから施術がスタート。身体全体を総合的に施術するため、指の痛みや痺れ以外のさまざまな不調も合わせて改善できるのが最大のメリットです。

原因不明といわれた、病院に行っても治らないなど、肘部管症候群の症状にお悩みの方はぜひ当店の鍼灸施術をお試しください。

 

当院の技術は多くのメディアで紹介されています!!

大手クチコミサイトでNo.1に選ばれました

全員が国家資格を保有しています

店舗情報