椎間板ヘルニアでお悩みの方へ

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアで腰の痛みや痺れなどに悩まされている方は少なくありません。また、中には何が原因でヘルニアになったのか分かっていない方もいるでしょう。

そこで当記事では、東洋医学を交えて椎間板ヘルニアの原因などについて解説していきます。

椎間板ヘルニアの症状とは

腰痛

椎間板ヘルニアの主な症状は、下肢の痛みや痺れです。他にも、排尿障害などの症状も見られます。また、椎間板ヘルニアは20~40代の男性に多く発症する傾向にあります。

一般的な治療方法

整形外科で椎間板ヘルニアの治療をする場合、基本的にレントゲンなどで身体をチェックしてから、薬を使うのか、リハビリをするのか、などの施術方法を決めていきます。また、症状がひどい場合は、手術をする可能性も十分にあり得ます。

しかし、手術では失敗するリスクが伴い、上手くいっても完全には改善されないといったこともあります。整形外科では椎間板ヘルニアについて広く知られているため、治療方法も確立されています。しかし、整形外科では症状を良くするというよりは、症状をこれ以上悪くさせないための治療になります。

椎間板ヘルニアの仕組み

腰椎

背骨の骨と骨の間に椎間板という器官があります。そして、その椎間板が圧迫されるなどして飛び出てしまい、周辺の神経とぶつかり合うことで痛みなどの症状が出てしまいます。

椎間板ヘルニアの原因

カウンセリング

椎間板ヘルニアの一番の原因は加齢です。他にも、腰に負担がかかることを常日頃からやっている人も症状が発症しやすいです。日頃からスポーツをしている人や、仕事で重たいものを持つ人などが上げられます。

また、肉体的な部分だけではなく、ストレスなどの精神的な部分も椎間板ヘルニアの原因になっているとも考えられています。

西洋医学と東洋医学の違い

東洋医学

それでは以下で、椎間板ヘルニアについて、より詳しく解説していきます。

8割はヘルニアではない

実は、椎間板ヘルニアだと思っている方の8割は、自分が自覚している症状と検査時の画像から分かる症状が一致していないとされています。強い痛みで悩まされているけど、検査してみても異常はなかったりします。

このことから、医学的観点から見た検査の結果と、実際の症状が異なることもあるので、今の治療方法が本当に良いのか考え直してみましょう。

東洋医学が導き出す原因

一方の東洋医学では、ヘルニアの捉え方は違います。

椎間板ヘルニアと称される症状の原因は、東洋医学では身体の機能が弱まることで起きるとされています。また、このことを東洋医学では不通則通と言います。人間を巡る気と血の流れが滞ることで、痛みなどの症状が現れます。

そのため、腰の症状を根本的に改善するためには、まず身体の機能を良くして気と血の循環を良好にすることが大切です。

当店の鍼灸の特徴

お灸

それでは、次に東洋医学を用いた鍼灸専門で施術を行う当店の特徴について紹介します。

四診によるカウンセリング

症状の原因をしっかりと見極めるためには、様々な視点から原因を探る必要があります。そこで、東洋医学では四診法を用います。四診とは「望診」「聞診」「問診」「切診」の4つの診断方法で症状の原因をカウンセリングすることを言います。

副作用のない鍼灸施術

西洋医学で用いられる薬には、副作用がありますし、依存しやすい薬も多く扱っています。反対に、東洋医学は身体に負担がない施術を行い、鍼灸は人間が持つ自然治癒力に働きかけるためリスクが限りなく少ないです。

東洋医学一筋

当店は開院から東洋医学一筋で様々なお客様のお悩みに答えてきました。

最近では鍼灸の施術は世界的にも行われるようになってきましたが、それでもまだまだ認知度は低い施術方法です。そんな鍼灸ですが、当店では鍼灸専門でこれまでに多くの方の症状を改善してきました。長年培ってきた技術を是非ともご体感ください。

ヘルニアについての解説動画

統括院長 石丸昌志の解説

よくある質問

Q&A

Q:コルセットはいつまで着けているのがよいですか?

A:コルセットの使用の仕方は、ヘルニアとそれ以外の腰痛で異なります。ヘルニアは、骨と骨の間に髄核という箇所があり、それが飛び出して神経を圧迫している状態です。本当に髄核が飛び出して神経を圧迫していればずっと痛みがあります。CTやMRIを撮り、確実に髄核が飛び出ていて神経に当たっていることが確認できる場合は、少しでも楽になるようであれば期間を気にせずにコルセットをつけておく方がいいと思います。

反対に、ヘルニアではない腰痛の場合はなるべくコルセットを付けない時間を増やす方がいいでしょう。コルセットは体幹の筋肉の代わりをするものです。つけて楽になるとしても、長期間になると本来ある筋肉がどんどんなくなっていってしまいます。コルセットなしだと腰が痛くてどうたまらない、というようになる可能性もありますので、ヘルニアではない場合はなるべくコルセットを付けない時間を増やすように意識しましょう。

Q:ヘルニアに悩まされていますが、注意すべき季節はありますか?

A:これは面白い質問ですね。ただ、ヘルニアは語源が確か『飛び出す』という意味で、物理的に神経を圧迫して痛みが生じているので、春夏秋冬、朝昼晩関係なくずっと痛いのがヘルニアです。ずっと痛いので、私は本当のヘルニアの場合は手術する方がいいという考えです。

手術前に鍼灸をお試しください

院長

椎間板ヘルニアを根本的に改善するなら、手術する前に当店で鍼灸を試してみてはいかがでしょうか。手術した後では身体が弱っているため、鍼灸の効果も弱まってしまいます。

現在、病院に通っているけど原因が分からず本当に改善するのか不安な方は、是非とも当店にご相談ください。

東洋医学の知識、鍼灸の技術を持ったスタッフが誠心誠意、施術いたします。

 

当院の技術は多くのメディアで紹介されています!!

大手クチコミサイトでNo.1に選ばれました

全員が国家資格を保有しています

店舗情報