脊柱管狭窄症でお悩みの方へ

脊柱管狭窄症

次のような症状に、お悩みではないですか?

  • 腰が痛い
  • 足がしびれる
  • 長時間歩けない=間欠跛行(かんけつはこう)

これらは、脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)の典型的な症状です。会陰部のほてり・排尿障害・便秘などを生じることもあります。

脊柱管狭窄症は進行すると、生活にも支障をきたします。下半身の筋肉が衰え、歩行困難に陥ることもあるので、早期に適切なケアが必要です。しかし西洋医学の治療には限界があるのも事実です(これについては後述します)。そこでみなさまにお勧めしたいのは、東洋医学による鍼灸施術です。

脊柱管狭窄症の原因

脊柱

脊柱管(背骨の中の筒状のスペース)には、感覚や運動を司る神経が通っています。これが身体の各パーツに枝分かれしています。

脊柱管狭窄症は、脊柱管内の神経や血管が圧迫されることで起こるとされています。

椎体(ついたい)・椎弓(ついきゅう)・じん帯の変性や、椎間板の突出があると、脊柱管内の神経や血管が圧迫されます。この圧迫が痛みやしびれにつながるのです。

間欠跛行について

間欠跛行

「間欠跛行」とは、歩いてしばらくたつと足に、痛み・しびれ・こわばりが発生して、歩行が難しくなる症状です。座ったり前かがみになったりすると症状が和らぎ、再び歩けるようになります。

間欠跛行も、立った状態だと脊柱管が狭くなり神経が圧迫されることに起因します。前かがみになると症状が緩和するのは、脊柱管が広がるためです。

西洋医学には限界が…脊柱管狭窄症の改善法

レントゲン

脊柱管狭窄症は、西洋医学では整形外科の範疇です。

神経の状態はMRIで診断されますが、日本整形学会によると画像と症状とにズレが生じる確率は、80%にものぼります。「画像では問題がないが、歩行が困難」というケースや、その逆が頻繁に見られるのです。これは、静止画で判断しているためと考えられます。人間の身体は常に変化していて、脊柱管の幅も一定していません。静止画から状態を把握するのは、そもそも困難なのです。

また西洋医学では、シップ・電気療法・痛み止め・リハビリなど出血を伴わない「保存療法」からスタートします。しかし保存療法は、整形外科の得意分野ではありません。改善しなければ手術に移行しますが、手術で改善しないケースも少なくありません。

その点、東洋医学の鍼灸はこの分野は得意とするところ。手術に踏み切る前に鍼灸の施術を試すことをお勧めします。

東洋はり灸整骨院の鍼灸について

当店の施術は、西洋医学の治療とは異なりますが、実績豊富ですので、その点はご安心ください。これから3つの特徴をご紹介します。

【特徴1】古くからの伝統的な鍼灸法

歴史

鍼灸は、中国で4000年、日本でも1400年以上の歴史を誇る民間療法です。当店では、この古来の施術に特化しています。脊柱管狭窄症への施術実績も豊富で、改善率は93.7%を誇ります。病院治療で症状が改善しない方は、ぜひ東洋はり灸整骨院をお訪ねください。

【特徴2】四診法によるカウンセリング

カウンセリング

四診とは、視覚で見る「望診」、聴覚や嗅覚で見る「聞診」、問いと応答で見る「問診」、脈や腹部の状態を見る「切診」のこと。画像では見えない神経・筋肉・骨・気や血の流れといった、「身体の現状」が把握できます。これにより、お客様の状態に沿った施術が可能になります。

【特徴3】高品質の鍼(はり)ともぐさを使用

鍼灸

鍼はステンレス製だけではなく、より人体に優しく施術効果の高い金製銀製を用意しています。もぐさは不純物がなく、やはり人体に優しい国産最高級品を使用。このように、身体に直接触れる道具類には、徹底的にこだわっています。

脊柱菅狭窄症についての解説動画

統括院長 石丸昌志の解説

脊柱菅狭窄症を改善されたお客様との対談

※施術効果には個人差があります

よくある質問(Q&A)

質問と回答

Q:現在、うつぶせになれません。施術を受けることは可能でしょうか?

もちろん大丈夫です。例えば腰が痛くて仰向けになれない方、反対にうつぶせになれない方も来られることがあります。プロですからどのような状況でも施術可能です。横を向いての施術もできますよ。

Q:1度症状が治まったら2度と違和感、張りなどでませんか?

個人差はありますが、出る場合ももちろんございます。東洋医学は五臓で全てを考えます。春の時期に出やすい、風の強い時期に出やすい、ストレスで出やすいよといった外の環境の変化で人の体が変化するというのが根本の理論です。風邪が治っても一生風邪ひかないかというとまたひきますよね。同じことで、外の要因によってまた違和感や症状が出ることはあると思います。

痛みのない、アクティブな毎日に

サイクリング

足腰の痛みやしびれ、歩行困難などが改善すると、生活も一変します。山登りやスポーツを楽しんだり、お孫さんと一緒に遊んだり、足腰に気を使うことなく日々を過ごせるようになります。

お客様からは「すごく楽になった!」という喜びの声が多数寄せられています。脊柱管狭窄症の症状でお悩みの方は、ぜひ東洋はり灸整骨院までご相談ください。

 

当院の技術は多くのメディアで紹介されています!!

大手クチコミサイトでNo.1に選ばれました

全員が国家資格を保有しています

店舗情報