シミの正しい改善法

シミ

「高価な美白化粧品を使ってもシミが消えない!」

こんなお悩みを持つ人は要注意!そのケア方法は間違っているかもしれません。

気づいたらできていた、濃くなった、量が増えたなど、何かとわたしたちの肌を悩ませるシミの数々。なぜ高価な化粧品や洗顔をしても改善されなかったのでしょうか?

答えは東洋医学にあります。東洋医学では身体の老廃物は皮膚から出ていくと考えられています。いわば皮膚は身体のゴミ捨て場、肌の表面をいくらキレイにしても身体の内側に悪いものが溜まっていてはシミは改善されません。

シミを薄くするには、シミの元となるメラニンを効率よく体から排出させる必要があります。そのためには血流をよくして新陳代謝を高め、肌のターンオーバーを促すのがいちばんです。

東洋医学がシミに作用する力

シミ

東洋医学には「お血」という言葉があります。これは身体の中にある悪いもののひとつで、血液が汚れていることを示します。血液が汚れていると循環が悪くなり、結果肌のターンオーバーが乱れてシミは悪化するのです

お血は東洋医学でいう四診法(ししんほう)というカウンセリングで判断することができます。

脈診古来から伝わる伝統的なカウンセリング「四診法」

お血が溜まっている人の足は、静脈が青ではなく紫色になっているのが特徴です。お血は体内の血の巡りが悪くなっている状態のため、シミ以外にもさまざまな不調が身体に出ているはずです。

  • 生理痛などの婦人系の不調
  • 頭痛
  • 肩こりや腰痛
  • 肌の乾燥やパサつき
  • 冷え性

思い当たる症状はありましたか?

血流が悪いと筋肉が固まってしまい、いくら表面上マッサージや整体をしても身体の痛みは改善されません。乾燥や冷え性もお血が原因であれば高価なトリートメントや保湿剤、温浴法を試してみても意味がないのです。

この悪い血そのものに東洋医学に基づく施術でアプローチしない限り、症状を改善へ導くのは難しいといえるでしょう。

東洋はり灸整骨院のお血の改善法

美容鍼

当店では血流を促してお血体質を改善させる施術として、痛くない鍼と熱くないお灸を使った経絡治療を行なっています。これは血の巡りをよくするツボに刺激を与えアプローチをかけることで、血流を改善させ老廃物を排出させる施術です。

身体の循環をよくする施術のため、のぼせやダルさといった症状が出る場合があります。日常生活を送る分には問題ありませんが、施術後は激しい運動や入浴は避けるようお願いしています。

また、お血の改善は食事の見直しも効果的です。

3食栄養バランスのよい食事を摂ることを心がけるのはもちろんのこと、身体を汚すとされる食品の摂取を控えることをおすすめしています。例えば添加物や牛乳、白砂糖といった食品は控えるのが無難です。

美容鍼灸のよくある質問

Q&A

一回の施術で鍼は何本と決まっていますか?

鍼の数はお客様の体質や体調、気になる場所によって異なります。「一回の施術で何本使用」と決まってはいませんが、通常15〜30本程使うことが多いです。

鍼は顔だけですか?それとも、体と両方にするのでしょうか?

顔だけでなく、全身を見させていただいた後に鍼灸施術を行います。鍼は顔だけでなく首や足にも施したり、手にお灸をすることもございます。

シミは外と内の両方から適切なアプローチを!

笑顔の女性

シミを早く改善させるには、東洋医学の鍼灸施術で身体の内側をキレイに整え、肌の表面を西洋医学であるレーザーで治療するとより効果が期待できます。双方の医学が持つ力を合わせることも改善への近道に。

まずはシミのできにくい体質づくりをするために、当店の鍼灸施術をお試しください。シミの原因を根本から改善させ、マイナス5歳肌を目指しましょう!

当院の技術は多くのメディアで紹介されています!!
全員が国家資格を保有しています

店舗情報