喘息・小児喘息でお悩みの方へ

喘息

今回は、喘息・小児喘息について解説していきます。小児喘息、大人の喘息問わず、お悩みの方にはぜひご覧いただきたい内容です。

薬に頼らず症状を改善させることが出来れば、嬉しいですよね。喘息を改善させる東洋医学による鍼灸の力をぜひ知っていただきたいと思います。

漫然と薬を使うのは止めよう

薬

喘息の方や喘息の疑いがある方は、病院の内科や呼吸科で治療されていると思います。実は、喘息は呼吸器科での治療では治りにくい病気です。

こう言い切ってしまうと、とても驚かれると思いますが、その理由についてこれから説明していきます。

病院で喘息が治りにくい理由

理由の一つとして言えることは、「西洋医学である呼吸器内科、呼吸器科では喘息の根本治療はできない」ということです。

  • 抗アレルギー剤
  • 気管支拡張剤
  • ステロイド

などの薬で根本治療はできないのです。

救急車が必要なレベルの強い発作、窒息寸前のような症状の場合は、ステロイド薬などの投与が効果を発揮しますので、西洋医学の薬は不可欠です

しかし、薬は漫然と服用しているとデメリットが生じてしまう危険性があります。その理由を解説していきます。

ステロイド剤の長期服用は避けるべき

喘息

薬は、人工物です。自然界にないものを人工的に合成しているのです。原料は主に石油です。薬は石油の副産物から作られています。

石油からできている薬を毎日飲むことが、健康であるはずがありません。東洋医学の観点からすると、日常的に薬で症状をコントロールすることはオススメできません。

特にステロイド剤は副作用が強く、長期服用による弊害が大きいのです。

喘息の出方は人それぞれ

女性

喘息といっても、症状の出方は様々です。

  • 「寒さや温度の変化で喘息がでる」
  • 「朝方に発作が出やすい」
  • 「ハウスダスト、動物の毛に反応し喘息が出る」
  • 「疲れていると発作が出やすい」

症状の出方が違うのは、一人一人の体質が違うからです。西洋医学は、このような個別性には対応しにくいのです。

肺の機能を高めて喘息を改善

肺

喘息の患者さんは、肺が弱いです。

東洋医学は体質を改善し、体の機能を高めて根本改善を目指します。もちろん、肺の機能を高めるのも非常に得意です。

東洋医学の鍼灸施術で肺の機能を高めることで、喘息は改善していきます。咳や発作が出ないようになれば、薬を飲まなくてもよくなるはずです。

「肺の機能を高めて喘息を治す」これが東洋医学によるアプローチです。

体質を見極める東洋医学の視点

説明

東洋医学でみる「肺が弱い体質」は、他にもさまざまな症状を併せ持っていることがほとんどです。

乾燥肌やアトピー、湿疹など皮膚の症状を訴える方から円形脱毛症になりやすい、なったことがある方。また、肩こりや手足の冷え、末端の冷えで悩んでいる方もいます。

特徴的なのは、汗のかきかたです。手のひらが湿っていたり、手足に汗をかきやすい方は喘息持ちの方に多いです。

それから、朝は調子が悪い、元気・やる気が出ない、あるいは朝になると腰や首が痛い、最初の1〜2歩目で足が痛い、そして頻尿なども、東洋医学では肺が弱い方の症状とされています。

喘息が出るのは肺の弱さが前面に出ているからです。東洋医学では、喘息以外の様々な体の不調に注目し、総合的に体質をみて施術していきます。

他の症状も総合的に見る東洋医学

お灸

西洋医学は、体の機能を高める治療をあまりしないのが現状でしょう。

  • 救急救命
  • 心肺蘇生
  • 手術などの外科的な治療
  • 感染症
  • 検査

に関しては、西洋医学は非常に得意です。患者さんが受ける恩恵は計り知れません。しかし、それ以外の様々な体の不調に対しては不得意といってもいいでしょう。

呼吸器科では喘息の治療はできても、肩こりまでは診ませんよね。

「喘息も肩こりもあって辛い」と訴えたら、「整形外科に行きなさい」と指示されると思います。両方の不調を一緒に診ることはできないのです。

  • 眠りが浅い人は心療内科へ
  • 逆流性食道炎の疑いなら消化器内科へ

と細分化されそれぞれの症状をバラバラに診ていきます。

しかし、人間の体は一つです。そして全身が繋がっています。パズルのようにバラバラに考えることはできないのです。

喘息についての解説動画

統括院長 石丸昌志の解説

小児鍼(子供の鍼)の施術風景

よくある質問

Q&A

Q1.子どもやお年寄りでも施術を受けられますか?

「経絡治療」で用いる鍼はとても刺激が少ないため、お子さまからご年配の方まで可能です。お子さまの場合は、刺さない鍼を用いることもあります。

また、鍼灸施術では、事前にお客さまの声質や歩き方、顔色などを見て、症状をうかがったうえで総合的に判断し、施術内容を決定します。事前のカウンセリングで、刺激に弱いだろうと判断した方には、刺激の弱い鍼を用いた施術を行っております。どうぞ安心してご来店ください。

Q2.小児鍼灸を受けてはいけないときはありますか?

特にはありません。子供は生命力が高いので回復もとても早いですよ。

その他、ご不明な点や気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

おわりに

喘息のつらい症状は薬に頼らず、体質を改善して治したいものです。

東洋医学は肺の機能を高め喘息を治していきます。まずは、自分の体質を知ることからはじめましょう。そのためには、東洋医学の鍼灸が効果的です。

ぜひ、東洋医学専門の鍼灸院である当院にご相談下さい。

 

当院の技術は多くのメディアで紹介されています!!
全員が国家資格を保有しています

店舗情報