幸せホルモン「セロトニンを増やす秘訣」

セロトニン

セロトニンは「幸せホルモン」と呼ばれるホルモンの1つです。

不足するとイライラするとも言われるセロトニンは現代人にとって必要と考えられています。研究も進められており、このセロトニンをどうやって出す方法もいくつか分かってきています。

本日はこのセロトニンをよく出すといわれる色についてお話します。その色を身に付けたり、普段使うものにその色をチョイスして接することで、このセロトニンを出す効果を狙うためにもご紹介させていただきますので、ぜひご覧ください。

セロトニンを増やす秘訣(動画解説)

セロトニン 3つの効果

幸せ

その1 精神の安定

落ち込んだりした時に気持ちを上げてくれたり、気持ちがたかぶりすぎた時に下げ、気持ちも安定しやすくなります。

その2 自律神経の調整

自律神経は交感神経と副交感神経の2つから成り立っています。しかし、なかなか自分自身で意識して整えることは難しいです。

自分の意識とは無関係なところで体が勝手に動いているわけですが、その調整をしているのがセロトニンといわれています。

その3 ストレスを和らげてくれる

現代ではすごくストレスが多くて何してもストレスはつきまとっていますよね。

セロトニンはそのストレスを和らげてくれるホルモンです。

幸せホルモンセロトニンを出してくれる色

ハート

セロトニンを出してくれる色はピンク色です。このピンク色もいろいろありまして、薄いピンク色がいいといわれています

気分が落ち込んだり、ストレスが多い人は自分のネクタイをピンク色にしてみるのもいいでしょう。そういった身近なところから試してみるのがいいと思います。

おわりに

グッド

現代においてセロトニンはすごく大事なホルモンになってきています。ストレスが多い方であったり、残業で夜遅くまで働いてどうしても寝るのが遅くなると、やはり自律神経も乱れてきます。そんな時に調整してくれるセロトニンなのです。

ストレスが多い方や気分が落ち込んだ時は薄めのピンク色を身につけることをオススメします。

他にもいろいろとセロトニンを出す方法はありますが、すごく簡単な方法としてこういった知識を持つのもいいと思い、紹介させていただきました。ぜひ小物からでもピンク色の物を取り入れてみてはいかがでしょうか。

石丸智之