症状別ページPage: 8 / 8

動悸

統括院長の石丸昌志です。 今回は動悸について、特に病院で異常がわからず経過観察とされてしまった方に向けて鍼灸のメリットをご説明します。 東洋医学なら原因がわかる 鍼灸は動悸にも高い効果を発揮します。東洋医学では動悸の原因…

続きを見るarrow_forward

息切れ

今回は、息切れについてお話をしたいと思います。 もともと喘息でなくても、横になると呼吸が苦しくなるという方がいます。仰向けや横向き、うつぶせなど、どの体勢でも横になると肺に負担がかかってしまうからです。 喘息の方だと、発…

続きを見るarrow_forward

不安神経症

「人の視線が気になって怖い」 「発作が出るかと思うと電車に乗れなくなる」 「ある特定の行動をくり返し行ってしまう」 「緊張すると動悸や手の震えが止まらなくなる」 これらの症状はすべて、不安神経症の症状のひとつです。 不安…

続きを見るarrow_forward

メンタルヘルス

最近は、街を歩けば心療内科が溢れていますね。クリニックが多いのにも関わらず、それでも予約がとれないほどの状況になっています。 この「心療内科」というのは、もともと心と体の両方見るために作られました。メンタルの病を抱えてい…

続きを見るarrow_forward

アズール

本日は、アズール視野欠損について東洋医学の観点からお話したいと思います。 アズール視野欠損について アズール(AZOOR)は珍しい病気です。 以前、大学病院でアズールという病気かもしれないと診断を受けて、東洋はり灸院に来…

続きを見るarrow_forward

血清反応陰性関節炎

腰痛や手足の関節痛など、一見リウマチと疑われる病気のひとつに血清反応陰性関節炎があります。血清反応陰性関節炎は関節の痛みが強く出るため、生活に支障が生じる方が非常に多いです。 病院ではお手あげの血清反応陰性関節炎ですが、…

続きを見るarrow_forward

慢性症状

東洋医学を専門に行う当院には、さまざまな症状を抱えた方が多く来られます。 多くの症状がある患者さまを仮にAさんとしましょう。このAさんは、頭痛、鬱病、肩こり、風邪といった症状に普段から悩まされています。朝、起きたときには…

続きを見るarrow_forward